汗ジミを放置せずにクリーニングしましょう

「汗をかく」ことができる服とできない服。
原則として「ドライクリーニング対応」の衣類であれば、汗取りが可能です。ドライクリーニングでしか取れない衣類も、店頭専用洗剤を使えば水溶性の汚れを落とすことができます。通常のクリーニングプロセスで、汗の染みが除去されます。
ただし、ウールのコートやビスコースのドレスなど、本質的に非常に水に弱い素材に汗取りを適用する場合は、表面に適用できず、風合いの変化や収縮の可能性があることに注意してください。ゼロではありません。 自分の服が汗取りに適しているか不安な場合は、まずはクリーニング店に相談してみるとよいでしょう。
また、合皮やスパンコールなどの特殊素材を使用した衣類は汗取りの対象外となりますのでご注意ください。
関市の安いクリーニング業者を探しているならこの専門記事はとても参考になります。
汗ジミを放置するとどうなる?
汗ジミが長時間残ると、次のような症状があらわれることがあります。
黄ばみや変色が起こる
カビだらけになる
不快な臭いを発生させる
ワームによる穿孔
「汗取り加工」を施すことで、そんな汗ジミによるダメージを解消し、衣類を長持ちさせることができます!
大切な服を着に行くと、黄ばんでカビだらけでショック…。
そうならないためにも、普段のお手入れ方法の一つとして「汗取りトリートメント」を考えてみませんか?