浅田美代子が隣人と訴訟トラブルに 背景に「樹木希林」形見の愛車が!?

金持ち喧嘩せず」というが、有名女優が住む都心の超高級マンションで、物騒な裁判があった。原告側は浅田美代子(66)。騒動の発端は、親交のある大女優の “形見 “にあった。……
写真5枚】浅田美代子に愛車を贈った樹木希林さん。
 ****.
 東京都心のヴィンテージマンションに住む浅田は、昨年9月に出版した自伝『ひとりじめ』(文藝春秋)の中で、師であり親友だった故・樹木希林さんとこの地を訪れ、「美代子、ここで買いなさい」とアドバイスを受けて購入したことを明かしている。
 ところが、このマンションの管理組合が浅田さんの隣人を相手に民事訴訟を起こし、原告・被告双方が全面戦争に突入しているのだ。
 訴状によると、被告の中国出身の60代の男性は、マンションの地下駐車場の賃貸契約を結んでおらず、勝手に車を駐車してトラブルを繰り返していた。管理組合はレッカー車を呼んで強制的に車を撤去し、防犯カメラを設置し、警備員を配置しました。これらの措置に要した費用を被告に請求したのが、原告の訴えである。
 原告の訴えは理解できるが、裁判に持ち込まれたということは、それ以上の何かがあったのだろう。
言葉の通じない中国人への差別。
 訴えられていた男性に、この事件について聞いてみた。
すると、「普段はいい人ばかりなのに、浅田さんが有名人だからと、他の組合員に圧力をかけているとしか思えません。言葉の通じない中国人に対する差別だと思い、抗議デモとして駐車場の入り口と通路を車で3回ふさぎました。
 武力行使を認めながらも、「私は骨董品の売買を生業としているので、壊れやすいものや高価なものを運ぶのに車は欠かせない」と続ける。
このマンションは分譲当初、1戸に1台の駐車スペースが割り当てられていたが、私の部屋の前オーナーが車を手放す際に、そのスペースを浅田さんに譲ったのだ。それ以来、浅田さんは2台分のスペースを使っています。最近、規約を読んでみると、駐車場は共用部分だが、私にも区分所有権があることがわかった。そこで、「使わせてください」とお願いしたのですが、彼女は組合に相談もしません。何度、理事長と話をしたいと言っても会ってくれません。私の平等な権利を守るために、法廷で徹底的に戦うつもりです。”