筋トレに最適な時間

筋トレは朝と夜、いつするのがベスト?

筋トレで身長を伸ばす方法についてはこちらの記事で分かりやすく解説しています。

夜、眠ると体が休まり、代謝が落ちます。朝は起きて活動モードになるため、代謝が上がりやすく、高い代謝量を維持しやすいのです。筋トレをして脂肪を落とすことが目的なら、朝の筋トレは代謝が上がり、体内の脂肪が燃えやすくなるため、最適な時間帯と言えます。
筋トレに最適な時間とは?
効果的に筋肉を鍛えたいなら、食後2~3時間後に筋トレをするのがベストです。筋肉は、栄養、筋トレ、筋休養のバランスがとれて初めて鍛えることができます。エネルギー不足の状態での食前トレーニングは、筋肉が分解されやすくなり逆効果です。
1日に何時間筋トレをするのか?
インターバルを含む1日あたりの筋トレ時間は30分~1時間以内 インターバルを含む1日あたりの筋トレ時間は30分~1時間以内が目安です。筋トレといっても、長時間取り組めばいいというものではありません。
筋トレをし過ぎるとどうなるのか?
しかし、筋力トレーニングに過度に熱中すると、体に悪い影響が出るのも事実です。怪我につながるだけでなく、トレーニングの効果を最大限に発揮することが難しくなります。オーバートレーニング症候群とは、長時間のオーバートレーニングにより疲労が徐々に蓄積され、身体が回復できなくなる慢性疲労状態を指します。
有酸素運動と筋力トレーニング、どちらがダイエットに適しているのか?
脂肪燃焼のための “筋トレ→有酸素運動”
筋肉量を落とさずに脂肪量を落としたい場合は、「筋トレ→有酸素運動」の順番がおすすめです。筋トレで筋肉がつくと基礎代謝量が増え、運動していないときでも脂肪の分解が進むことが期待できる。この時に有酸素運動を組み合わせることで、脂肪燃焼効率を高めることができます。